自律神経のお話①

こんにちは(^u^)本日担当の船岡です☆

今日は自律神経のお話をちょっとだけします。

 

みなさん運動はお好きですか?身体を動かして汗をかく!気分もスッキリしますよね♪♪

  1-A-YOS106

動後はスッキリするはずが、何故だか運動して汗をかくと手足が冷たくなる身体は火照っているのに手足が冷たい、こんな症状でお困りの方が最近多くいらっしゃいます。

 

原因の一つとしては、自律神経の乱れ!!

 

毎回登場する自律神経ですが、実は自律神経によるお身体の不調は私達が考えている以上に多いのです(*_*)

 

運動すると身体が熱くなり汗をかきますよね。本来、身体の中で熱がこもってしまわないように、身体は汗を出して体温の調整をしてくれます。

そのおかげで私達は全身一定の体温を保つことができるのですが、

自律神経が乱れることによって、体温調整をしている間脳の働きが異常になり、身体の温度調整がうまくできなくなってしまいます。

間脳の働きが狂ってしまうと、身体が熱を外に出すために汗をかく本来の働きを身体の緊急事態だと錯覚してしまい、身体がこれ以上冷えないように(生命を維持しよう)と末端の毛細血管を縮めて心臓付近の体温を保とうとします。

 

その結果、身体が火照ったり、運動後手足が冷たくなったりという症状が起きてしまうのです!!

 

他にも自律神経からくる症状としては、頭痛、耳鳴り、めまい、不眠、うつ病、摂食障害、といった様々な症状があります。

10447000024

 

あなどってはいけない自律神経、、、ですね!!

 

自律神経の乱れの原因は気候の変化や生活習慣nの乱れ、ストレスetc、、、、。

 

今年は特に寒暖の差が特に激しいので、自律神経が乱れやすい年だそうです。

 次回は自律神経②、自律神経を整える方法をご紹介いたします(^u^)

 

 

この記事をシェアする