二日酔い

こんにちは(^u^)本日担当の今野です。

雪が降ったりと寒くなってきて、鍋が美味しい季節なりましたね。

ついついお酒が進んでしまい、次の日つらい二日酔い、、、という方も多いのではないでしょうか(‘_’)

free-illustration-bounenkai-salaryman - コピー

そもそも二日酔いはなぜ起こるのでしょうか?

womanpose3

摂取したアルコールのほとんどは肝臓で代謝され、最終的に二酸化炭素と水分に分解され、呼気や尿として排出されます。

その過程で生じるアセトアルデヒトが頭痛や吐き気などの症状を引き起こします。また、アルコールによる利尿作用で脱水症状や頭痛が起きるといわれています。

今日は簡単な二日酔い対策をご紹介いたします♪♪

飲酒前後や飲酒時にしっかり水分をとりましょう!!

20121120232030ce4

水分補給をすることにより、血中のアルコール濃度を低下させ、脱水症状の予防になります。

目安として、アルコールと同量の水分をとることです!

②空腹時のアルコールは控えましょう

飲酒前に胃袋に食べ物を入れておくだけでもアルコールの吸収を遅らせることが出来ます。

特に良質なたんぱく質や脂質は吸収に時間がかかり、豚肉はアルコールの代謝を促すビタミンB1やビタミンB6を多く含む食材ですのでお勧めです♪♪

11007023743

もし二日酔いになってしまっても、水分補給がとても大事です。

kanzobyo_img_07outo

その際は、塩分や糖分が含まれたスポーツドリンク、経口補水液を充分に摂取してください。

 

経口補水液は家庭でも簡単に作ることができます。

《 経口補水液の作り方 》

水1ℓ

食塩3g

砂糖40g

これら3種類を混ぜるだけ!!

飲食事に経口補水液を摂取すると、アルコールの吸収を促してしまいますのでお酒が弱い人は特にご注意ください!また、適量を補給し飲みすぎもよくありませんので注意。

経口補水液やスポーツドリンクは、飲食後に飲むことを心がけてください(^u^)

 

この記事をシェアする