ヒートショック

みなさんこんにちは!

本日担当政木です。

今日もとても寒いですね><

こんな日が続くと血流が悪くなり、疲れもたまりやすくなります。

 

そこで日本の良い習慣として、1日の終わりに血流を高める入浴があります!

images (9)

大切な睡眠(=再生と治癒の時間)の前に全身の血流をあげることは睡眠の質を高め、とても良いことなんですね。しかし、お風呂の問題としてあげられるのがヒートショック。寒いところから急に熱いお湯につかると、気を失ったり、不整脈を起こしたりする危険があります。

hot_05

 

東京都健康長寿医療センターの推計によると、気を失って溺れるなど、浴室で2011年に急死した人は全国で約17000人!!同年の交通事故死亡者の約3.6倍!!

ヒートショックはなぜ起こるのかというと、寒い脱衣所で衣服を脱ぐと急に身体の表面温度が下がり、交感神経が刺激されて血圧が急激に上がります。その状態でお風呂に入り温かい湯につかると、今度は血流が良くなり、血圧が下がます。このように血圧が急激に変化することで、失神や不整脈が起こると考えられています。

同センターによると、11年推死亡者約17000人のうち、約8割に上る約14000人が65歳以上の高齢者と考えられます。高齢者は血圧が上下しやすく、体温を一定に維持する生理機能が低下している人も多くいます。また、高血圧の人も血圧が急激に下がるリスクは大きいといわれています。

 

ヒートショックを知ったところで、今度は対策を考えていきましょう♪

脱衣所、浴室の室温を20度前後まで暖め、湯との温度差を小さくします。洗い場にはお湯をまくなどの対策も有効的です。お湯をまくだけで約12度以上の温度となります。また湯を熱くせず41度くらいを目安に。血圧が下がりやすい食後1時間以内や飲酒時入浴を控えたりすることも効果的です。お湯にはいるとき、大きな呼吸をしながら入りましょう。実は身体がお湯に浸かるまで、無意識に呼吸が止まっている人が多いので、改めて意識をしてみてください。

寒い時期に起こりやすい血圧の急激な変動は、身体にとって大きな負担となりますので気をつけて過ごしていきましょう^^

この記事をシェアする