疲れとビタミン不足?!

こんにちは(^u^)本日担当の船岡です。

暑い日が続いていますが、みなさんは夏バテなどしていませんか?

夏はクーラーの効いている涼しい室内に長時間いる時間が増え、外出すると温度差で身体がだるくなってしまったり、、、。つい冷たい食べ物や飲み物を摂りたくなってしまいますよね。

 

shop_image_184_20121210184755yjimage (2)

食欲もなくなり、口当たりの良いソフトクリームやかき氷、のどごしの良い炭酸飲料といった冷たいものが欲しくなる。

ご飯は食べたくないけど、菓子パンや甘いものは食べれる!一度口にするともっと欲しくなってしまう。気がついたら、そんなに量は食べてないのに体重増加(@_@;)さらに心身共に重だるくなり、疲れやすくなってしまった、、、、。

ひょっとしたら、ビタミンB1不足が原因かもしれません。

yjimage (1)

 

ストレス精神的な疲労を感じると、身体は甘いものが欲しくなり、摂取した糖質の代謝を促すために身体のビタミンB1が消費されてしまいます

体内のビタミンB1が不足すると、イライラしたり疲れやすくなってしまいます。

また、甘いものは毒性が強く、一度口に入れてしまうと再び食べたくなってしまうため、この習慣がついてしまうと、精神的な疲労に加え身体のだるさも招くという負のスパイラルに陥ってしまいます。

ビタミンB1豊富な食べ物は

豚肉、うなぎ、玄米etc

ぶたにくうなぎ

ビタミンB1は糖質がエネルギーに変わるのに欠かせない補酵素の役割をしてくれます。

 にんにく、ニラ、玉ねぎは豚肉と一緒に調理することでビタミンの吸収を上げてくれる効果が♪♪

 

にんにくにら

ニオイが強い野菜ですが、この香り成分アイリンにパワーがあるので、細かく刻んでより香りをだすとさらに効果が♪(^u^)

アイリンは刻むとアリシンという成分になり、油と一緒に加熱するとアホエンに変化、さらにその状態でビタミンB1とくっつきアリチアミンという疲労回復効果がある成分に変身するのです!

yjimage (3)

ビタミンB1を積極的に摂って、暑い夏を乗り切りましょう!(^u^)

 

この記事をシェアする