食べて花粉症対策^u^)

こんにちは(^u^)本日担当の船岡です。

ツラい花粉症!

「花粉症」の画像検索結果

鼻水、目や咽喉のかゆみ、この季節は気分も億劫になってしまいますよね(+_+)

今日は簡単に花粉症対策ができちゃう、その方法をお伝えします(^u^)

 

ではそもそも、花粉症はどうしてなるのでしょう?

花粉症の主な原因は免疫異常です。

花粉症は免疫が過剰に反応して起きてしまう症状で、体内のTレグ細胞の量に関係があるとされ、このTレグ細胞が少ない人ほど花粉症になりやすいそうです。

 

別名『制御性T細胞』とも呼ばれるTレグ細胞

どんな働きをしてくれるのでしょうか?

 

私たちの体は主に6つの免疫細胞で守られています。

この中には見張り番のような役割がいて、体内に侵入してきたもの(ウイルスや花粉など)を阻止するため、涙や鼻水、くしゃみ、咳などあらゆる方法で排除します。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

この時、侵入者が体にとって害があるかないかを判断してくれるのがTレグ細胞です。

Tレグ細胞が少ないと正しい判断ができなくなるため、免疫細胞が害にならないものまで過剰に反応してしまい、くしゃみや鼻水が止まらない(+_+)といった症状がでてしまうのです。

「花粉症」の画像検索結果

花粉症対策にはこのTレグ細胞を増やすことが効果的(^u^)

 

その方法とは・・・

ある食材を摂取するだけ♪♪

 

Tレグ細胞を増やしてくれる食べ物は『昆布』

適量は週2~3日、とろろ昆布をお味噌汁にひとつまみいれて食べるだけで良いそうです(^u^)

 

「とろろ昆布」の画像検索結果

 

なんでもそうですが、適量を守らなければ体には毒になってしまいます。

ちなみに昆布の摂りすぎは便秘やむくみの原因になりますのでご注意を(^u^)

花粉症の症状緩和に期待ができる蓮根お勧めです。毎日40g摂取するとだいたい2週間くらいで効果が期待できるそうです。

ぜひ試してみてくださいね♪

この記事をシェアする