花粉症と食物アレルギー

kahun1

花粉症の人は食物アレルギーになりやすく、食べ物にも注意が必要です。

運動中はアレルギーを誘発させてしまい、アレルギーを持っていない人も症状がでやすくなってしまうため、食後1時間は運動はしない方が良いとされています。

特に誘発しやすい主な食品は小麦や甲殻類。

スギ花粉症はトマト

シラカバ・ハンノキ花粉症はりんごやもも、さくらんぼとなど、食物アレルギーの症状が出やすく、

時間のピークは12時~13時、夕方17時とされています。

よくリンゴやメロンなどの果物を食べて口の中がかゆくなった経験はないでしょうか?

このかゆみは花粉症と関係が深いとされています。

そして実はアレルギーは食べるより、触った方が出やすいのです。

例えば、金属アレルギーは肌の状態でも左右されるのですが、主に汗で金属が溶けてしまうのが原因とされていますので、24金やチタンなら症状はでにくくなります。

銀歯でも発症してしまう方もいるそうです。

大人になってから発症リスクが高いのは睡眠不足の人。

睡眠は成長ホルモンが分泌され、肌の修復にはかかせないので、しっかりと睡眠時間をとりましょう(^u^)

この記事をシェアする