世界が注目ピーナッツ効果♪♪

こんにちは(^u^)本日担当の船岡です。

最近注目されているピーナッツですが、どんな効果があるのかご存知でしょうか?

s_yjimage

実はピーナッツは半分が脂肪(ピーナッツ油)で出来ています。

この脂肪はリノール酸、オレイン酸(不飽和脂肪酸)という身体に良い植物性の脂肪で、

血糖値の安定化、コレステロール値を下げる、血管を丈夫にする、脂肪を減らす効果があるのです!(^u^)

また、ビタミンEやレシチン、ミネラル、ポリフェノールといった成分も含まれているので、抗酸化作用の効果も♪♪

ikiiki

美味しくて身体に良いピーナッツ、食べないのはもったいないですよね?!

ただ、どんなに身体に良いものでも摂りすぎは身体に良くありません。

ピーナッツは20粒で120カロリー(ご飯茶碗半分)ありますので、

1日の摂取量は20粒を目安にしましょう(^u^)

h93c

ピーナッツは薄皮のまま茹でて食べるのがおすすめです。薄皮にはポリフェノールが豊富に含まれているので強い抗酸化作用があり、茹でることにより柔らかさと甘みがでて、吸収率があがります。

EXP=1362785007

お手軽なピーナッツクリームがありますが、砂糖がはいっているものはミネラルを排出してしまいますので、無糖のものを選んでください。

ときどき炭水化物を控えて、ピーナッツに置き換えてみるのも良いかもしれません(^u^)

 

この記事をシェアする