あいうべ体操

 

こんにちは

本日担当の井川です。

みなさん「あいうべ体操」って聞いたことがありますか?

「あいうえお」、ではなくて「あいうべ」。あいうべ体操は、口呼吸を鼻呼吸に改善していく

口の体操の事です。

 

呼吸は生まれてから死ぬまでいちどもやすむことなくしなければなりません。

一日の呼吸は回数は約2万回と言われています。

 

それを鼻からする鼻呼吸なのか、口からする口呼吸なのかで身体が変わってきます

簡単な口の体操で、口呼吸が鼻呼吸になり、インフルエンザやアレルギー、アトピー性皮膚炎、

うつ病の改善にもなります。

また、口の中の雑菌の増殖を抑えることにより虫歯や、歯肉炎にもかかりにくくなります。

あいうべ体操を取り入れた学校や高齢者施設などは発熱率が減った報告があります。

やり方

「あー」と言いながら口を大きくあける

「いー」と言いながら口を横に広げる

「うー」といいながら口を前に突き出す。

『ベー』と言いながら舌を出す。

2017-03-08-10-32-32-2

1度に行うのは、10回程度として、1日30回を目安として毎日行うと行うことで改善されていきます。

顎関節症の人や顎を開けると痛む場合は回数を減らすか「いー」「うー」のみをくりかえしてください。

無理のないように行ってみてくださいね。(*^_^*)

 

この記事をシェアする