濃い味大好きっ! な みなさんへ

a127f7457809c3cc5ef4b30b5bd74da1-616x450

こんにちは。本日担当政木です。

しょっぱい、甘い、辛い、すっぱい、、、

お料理やお菓子の中に出てくると楽しいお味ですね。

しかし、摂りすぎてしまうと、、、、><

 

今日は気になる“味覚”についてのお話しです。

 

味覚障害は今、高齢者だけではなく、中高年、おこさんにも多い症状です。

なぜ増えているのでしょう?

原因は

・薬の副作用

・亜鉛の欠乏

・糖尿病や歯周病など他の病気の併発

この3つって知っていましたか?

 

亜鉛は味を感じる舌のみらい細胞の再生に必要なミネラルです。

薬を長期間飲むと亜鉛が代謝されて体外に排出され、

亜鉛不足を招いてしまいます。

また、味の濃いファストフードや加工品を好む傾向が味覚を鈍らせる原因です。

偏食のほか、亜鉛の豊富な牡蠣やしじみなど、魚介類の多い和食を食べる機会が減った

ことも原因といえますね。

 

薄味だとものたりない!

素材そのものの味だけだと美味しさが感じない><

もしかしたら味覚障害かも、、、?!

 

そんな方はこれを試してみましょう♪

 

味覚に変化、昆布水!!

500mlの水に40gの刻んだ昆布を一晩ひたし、水筒かペットボトルに入れて持ち歩く。

飲み方は、出汁水を口に含み唾液がじわじわ出てくるのを待って、ゆっくりと味わう。

この間約30秒。最後は飲み込んでも、吐き出しても良い。1日10回、2~3ヵ月

試してみる。続けることで唾液が増え、甘みや辛味の感覚を取り戻す人もいるとのこと!

 

ぜひ試してみてください^^

この記事をシェアする