台風後の熱中症への注意と対策

こんにちは!今回担当の古家です!

 

本日は本州に台風が直撃して、各所に被害が出ています。

台風が過ぎると猛暑が戻ってくるため、体調不良や熱中症への対策も怠れません。

まだまだ熱中症に対し油断できない状況ですので、熱中症への注意と対策についてご紹介させていただきたいと思います!

 

熱中症対策で大切なのは脱水状態にならない事です!

身体は暑いと汗をかき皮膚に水分を出します。その汗が蒸発するときに身体の熱を奪って冷やします。

脱水になると汗をかけなくなります。

また、運動不足で普段から汗をかかなかったり、疲労や睡眠不足で体調が悪い時も適正な発汗ができないため熱中症になりやすいです。

「暑い日のビールは最高!」と、おっしゃる方はいます。

しかしアルコールには利尿作用があり、飲むことで尿の量が増えて身体の水分はいつもより多く排出され、脱水の危険が増します。

利尿作用のあるカフェインを含むコーヒーや紅茶ばかり飲んでいると脱水が心配です。ノンカフェインの麦茶やお水がオススメです!

 

また寝苦しい夜にエアコンを使う場合、2時間位で冷房が切れるようにタイマーをセットされる方も多いのではないでしょうか?

夜間に涼しくなる地域や住居であれば良い方法ですが一晩中暑さが続くのであれば、冷房が切れると室内が急に暑くなり睡眠が中断されてしまいます。26~28℃くらいの一定の温度になるようにエアコンを使用するのも熱中症対策になります!

猛暑日なのに冷房ではなく除湿だけで過ごすのは、身体の負担になることもあります。

除湿で乾燥した室内は、暑さで汗が出るとどんどん蒸発して身体を冷やすので涼しく感じます。

しかし、汗で水分が失われて「かくれ脱水」になる場合があるので要注意です!

除湿による乾燥によって、皮膚のトラブルや美容の大敵にもなる可能性があるので、暑い日は除湿だけよりも冷房で室温を下げることが必要です!

以上2点のちょっとした工夫と対策で熱中症を予防して、残りの夏も楽しく過ごしたいですね!!

 

この記事をシェアする