噛むことのメリット♪

みなさん、こんにちは(^u^)本日担当の船岡です。

みなさんはお食事の時間をどれくらいとってらっしゃいますか?

30分以内で済ませてしまうというかたは損をしているかもしれません。

昔から一回の咀嚼は30回といわれていますが、
このよく噛むということが手軽な健康法の一つとして注目されています。
food_kamu
よく噛むとだ液が分泌されますが、このだ液に含まれるさまざまな酵素にはすごい効果があるとされているのです。

その一つが消化酵素です。
よく噛むことにより食べ物と消化酵素が混ざり、食べ物を消化する際、胃腸に負担がかかりにくく、栄養が吸収がしやすくなる効果が期待できます。

また、だ液には口の中をきれいにする自浄作用というものがあり、汚れが溜まって有害な細菌の温床となるのを防いだり、 有害な細菌とたたかうペルオキシダーゼと呼ばれる酵素が含まれており、むし歯や歯周病の予防効果も期待ができます。

よく噛むことにより血行がよくなり、脳に栄養と酸素が十分に供給され、注意力や集中力、バランス能力が高くなるという効果も期待でき、認知症の予防につながるんだそうです!

さらに満腹中枢が刺激され、自然と食べ過ぎることが減るので、生活習慣病の予防にも期待ができます♪

現代人は忙しく、早食いの傾向が強いですが、
よく噛むためには食事の時間もそれなりに必要です。

毎日忙しくてご飯が食べる時間がない!って方も、明日は今日より5分でも長く、そんな感じでお食事の時間を長くする実践してみてくださいね(^^)

この記事をシェアする