nishidaLP_01  

代表1

西田よりコメント:
非常に万能な生薬【健康補助食品】です。古来より伝わるものでお客様からも好評をいただいております。ぜひ一度お試しになってみてくださいね。

nishidaLP_03
霊芝とは、真菌門担子菌真正担子菌綱帽菌亜綱ヒダナシタケ目 マンネンタケ科の代表種で、中国では、多量に服用しても副作用 の心配がない上薬の中の上薬とされています。古くは秦の始皇帝も、 不老不死の霊草として珍重していたということです。

nishidaLP_09
原木栽培と菌床栽培が行われます。原木栽培は天然の周期にあわせ 収穫を行います。原木栽培に使用された原木はスポンジ状に柔らかく なるため、カブトムシやクワガタムシが採卵します。

nishidaLP_12
高まる霊芝の評価 古来より、菌類の食品(味噌・納豆・キノコなど)は、身体に良い食べ物だと言い伝えられています。 特に霊芝は、「久食軽身不老延年神仙(久しく食すれば身が軽やかになり、老いず、天年を延べ、仙人の域に達せられる、の意味)」 の生薬として、瘀血(おけつ)を除いて血行を良くし、知力・体力ともに衰えず、延命の効果がある上薬として利用されてきました。 現在では、さまざまな効果があるすばらしい「食用菌類」であるということが、研究によって明らかになっています。 微小な毛細血管にいたるまで血液の循環を改善することや、身体の代謝機能を正常化するなどのほかにも、さまざまな作用が あるうえ、副作用がほとんど認められないなど、私たちが想像している以上に次々と新たな作用が発見されているのです。 そのため「霊芝」は、病気を未然に防ぐためや、病後の回復を早める・老化を防ぐためなど幅広い用途で用いられ、 多くの方から高い評価をいただいています。

nishidaLP_15
nishidaLP_17
 nishidaLP_18
最適な自然環境の群馬県嬬恋村に建設された7000坪あまりの自社農場で霊芝は栽培されています。 温度・湿度の条件が大切な霊芝の栽培には、標高1200mのここ嬬恋村が最適です。
nishidaLP_23
nishidaLP_25              
nishidaLP_26
特許を取得した栽培方法を採用しています。 さらに、栽培に大切な水は天然の湧き水を山から引き、 土壌には浅間砂を使用し、ミネラル成分を多く 含ませる当社独自の霊芝栽培法で特許を取得しました。(第1713011号)

nishidaLP_31
nishidaLP_33
akashi

赤芝

赤芝の味は苦で、気は平である。主として胸の中に血気が滞って起る時に影響を与えることができ、 また、心臓の働きが増し、体の中の気・内臓の機能を補う。さらに頭の回転が速くなって知恵が 出るようになり、記憶力も高くなって、物ごとを忘れないようにすると言われています。(本草綱目より)

kishi

黄芝

黄芝の味は甘で、気は平である。主として胸や腹部への、風暑、暴飲暴食、過労、湿・寒の5種類の 邪気によって生じた時に影響を与えることができ、また、心臓に蓄えられている精神的要素の「神気」 の働きを安らかにして、和みを楽しむ精神状態にすると言われています。(本草綱目より)

kuroshi

黒芝

黒芝の味は鹹(かん)で、気は平である。主として小便の出が悪く下腹が張る時に影響を与えることが でき、また、体内の水の循環を良くし、腎臓の働きに影響を与える。耳、口、目、鼻、尿道口、肛門の つまりを解消し、頭の働きを良くすると言われています。(本草綱目より)

hakushi 2

白芝

白芝の味は辛(しん)で、気は平である。主として激しい咳込みや、下腹部から胸・咽頭部に突き 上げる時に影響を与えることができ、また、肺や口・鼻の動きを増進し、腎臓やすい臓の働きを活発 にして精神的活動を高めると言われています。(本草綱目より)

nishidaLP_36
和漢生薬研究所では、一般には六系統あると言われる霊芝のうち、食効の異なる、赤芝・黄芝・黒芝・白芝の四系統の 霊芝をブレンドしている「HM-3000(特系霊芝)」を使用しています。中国の古書『本草網目』によれば、それらは次のような特徴を備えていると言われています。

nishidaLP_38

①成分を壊していません

分子量の小さなものしか通過できないフィルターで素早くろ過するのではなく、厚手の木綿72枚をフィルターにして じっくりとろ過することで、霊芝本来の成分を分子量の大きな多糖体にいたるまで壊すことなく抽出します。

②熱を加えていません

加熱して濃縮するのではなく、低温での減圧による濃縮なので、成分は壊れま せん。その後の工程でも常温で時間を かけてじっくりと乾燥します。

③成分が安定しています

常温で乾燥したあとにそれぞれの粉末を混ぜ合わせることで、成分を安定した状態に保ちます。

④厳しく管理しています

食品生産よりもさらに厳しい安全基準の生薬生産と同じ管理体制で生産を行っているので、安心してお召し上がりに いただけます。 原料の品質の高さは当然ながら、その抽出法が品質のカギを握っています。当社の霊芝製造工程は、細胞膜内の成分まで 抽出する技術と、濾過時間をかけ、乾燥も常温で時間をかけて行っています。

nishidaLP_41

nishidaLP_44

粉砕

100%当社の農場で栽培した霊芝をできるだけ細かくします。

nishidaLP_50
nishidaLP_48

抽出

遠赤外線セラミック抽出法で細胞膜内の成分まで抽出します。

nishidaLP_50
nishidaLP_51

濾過

霊芝の成分を壊すことなく時間をかけてゆっくりと濾過します。

nishidaLP_50
nishidaLP_54

減圧圧縮

低温で滅圧圧縮するので成分を壊しません。

nishidaLP_50
nishidaLP_56

減菌 

体に有害な菌を死滅させます。

nishidaLP_50
nishidaLP_58

乾燥 

常温で時間をかけて乾燥し、板状にします。他の方法(スプレードライ)では 必ずこの段階で混ぜ物をしますが、当社では何も混ぜません。

nishidaLP_50
nishidaLP_60

粉砕 

板状のものを粉砕したあと、すりつぶして板状にします。

nishidaLP_59
nishidaLP_63

混合

生産ロットごとの粉末を混ぜ合わせます。

nishidaLP_59
nishidaLP_65

霊芝熱水抽出物

取り出した抽出物を各種商品に加工します。

HM真菌(エイチエムしんきん)

生薬の最高峰・霊芝エキスを1カプセルに120mg配合

nishidaLP_68

nishidaLP_31

nishidaLP_75